逆援を求める女性の目に留まるプロフィールを完成させよ

出会い系アプリを利用するということであればプロフィールの完成度がとても大切になってきます。女性がまず見るところと言えばプロフィールですので、そこがあまりにも適当過ぎると返信が一切来ないということにもなりかねません。ここでは女性の目に留まるようなプロフィールの完成方法について解説いたします。

相手から警戒されるのは止めよう

プロフィールを作る際にまず考えてもらいたいのがハンドルネームと呼ばれる名前です。本名を使うのは何かと利用されたりするなどトラブルの原因になるのでやめた方がいいでしょう。場合によっては身バレする可能性すらあります。

ハンドルネームを作るにしても、奇をてらったものや政治的なものなどで警戒されたりするのは避けた方がいいでしょう。本名をいちいち名乗らなくても女性と出会うことはできますので、シンプルかつ分かりやすいものにするべきでしょう。

サバを読みすぎるのは止めよう

プロフィールを見て気に入ったのであればメールによるやり取りをして、ついに出会うことになります。出会った時にプロフィールで書いてあったものと違うというのであれば、1回出会っただけでフラれてしまいます。サバを読みすぎるのは決していいことではありません。出会ってセックスにまで至らない可能性すらあります。

自分の外見に自信がない場合には少しでもいい印象を残すためにも、多少サバを読んでしまう傾向があります。体型については自分とあまりにもかけ離れているような表現は避けておき、年齢においても実年齢とそれほど違わないくらいにとどめた方がいいでしょう。逆援を求めるということならば、あまりにも高収入な職業は敬遠されたりしますので、会社員が無難ではないでしょうか。

自由欄はなるべく充実させよう

プロフィールには自由欄がありますが、ここで何も書かないよりは自分の情報をプラスするような感じで書いてあったほうが相手女性としては安心します。自由欄には少しでも自分のことが分かってもらえるようにしっかりと書いてください。しかし、ダラダラと書いてあっても逆効果ですので、自分のことをコンパクトに分かるように記載しましょう