成立する可能性が少ないからこそ逆援をするなら競争に勝ち抜け!

逆援という形の付き合い方は最近増えてきた形式ではあります。しかし、この形というのはあくまでマイナーな形であることを認識したほうがいいです。一般的には男性がお金を支払う援助交際という形で、その逆となる女性がお金を支払う形はなかなか成立させるのが難しいです。なぜこんなにも難しいのかということを説明していきます。

女性がお金を支払ってまで関係を持ちたい

女性が男性に対して性的な関係を作りたいということであれば、男性は別に報酬が無くても需要があるのではないでしょうか。男性としては若い女性とセックスがしたいという気持ちがありますので、そこに金銭が介在しなくても引き受ける可能性が高いです。出会い系アプリで募集をかけたとしても金銭が無くてもそこそこ集まってきます。

それに対して、女性がよりお金を提示してまでも自分の好みの男性と関係を持ちたいというのが正直なところではないでしょうか。お金を出してまでも関係を満たされたいというのが女性の正直な気持ちなのです。別の言い方をすれば、そこまでの男性しか集まらないのならば、お金を出そうという気持ちすら起こらないと言ってもいいでしょう。

それを求める女性はとても少ない

求める女性がいるからこそ男性がお金をもらえると言ってもいい位なのですが、それは女性の絶対数から見てとても少ないというわけです。女性はもしかするとお金をもらえる交際をすることができるのに、お金を出してまで交際をしたいという女性はとてもマイナーです。お金がもらえる交際を実現したい男性にとっては、そもそもそういう性向の女性を探すのが難しいと言ってもいいです。

経済力を持つ女性が多い

女性がお金を出して男性と交際をするくらいですので、まず経済力がないといけないことが分かります。継続的にお金を支払う必要がありますので、何らかの形で経済力を持っていると言ってもいいでしょう。そういう場合に既婚者で大金持ちという可能性が高いです。なかなか若い女性はいないと言ってもいいでしょう。

お金持ちの女性は一般とは独特の感覚があると言われていますので、男性に対して優位に立って何でも聞いてくれるというような関係を求めるために、お金を支払うということです。